岡でおのりょー

HIV(human immunodeficiency virus)を含んだ血液や精液のほか、女性の腟分泌液、母乳等のあらゆる体液が、交渉相手などの傷口や粘膜部分等に接触した場合、HIVに感染する可能性が高くなってくるのです。
酒類に含まれるアルコールをクラッキングする特徴のあるナイアシンは、苦しい宿酔に効果的です。不快な宿酔の大元と考えられているエタナール(アセトアルデヒド)という物質の分解に力を発揮します。
脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌異常が主因で出る湿疹で、皮脂分泌が乱れる因子としてアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの乱れやリボフラビンなどビタミンBコンプレックスの枯渇等が大きいと考えられています。
基礎代謝量というのは就寝中ではなく覚醒状態で命を保つ(心臓の鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋肉の緊張の維持等)ために欠かせない最も低いエネルギー消費量のことをこう呼んでいます。
アルコール、薬、合成乳化剤を始めとした食品添加物等を酵素で分解して無毒化する働きを解毒と称し、多機能な肝臓の大事な活動の一つであることは間違いありません。
LOST ユーチューブ
筋緊張性頭痛というのはデスクワークなどでの肩凝りや首筋の凝りが誘因の日本人に多い頭痛で、「頭を力いっぱい締め付けられるような激しい痛さ」「頭が重いような酷い痛さ」と言われます。
急性中耳炎(Acute otitis media)は、一番症例の多い中耳炎で小さな子供によく起こる病気です。強い耳の痛みや38度以上の高熱、真っ赤な鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(じろう)などが発生します。
高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、今までの膨大な研究結果として、ワクチンの予防効果を期待できるのは、接種のおよそ2週後から約150日ぐらいということが明らかになりました。
肝臓を元気な状態にキープするには、肝臓の毒素を分解する作用が低下しないようにすること、分かりやすく言えば、肝臓の老化対策を地道におこなうことが効果的だと考えられます。
汗疱状湿疹は手の平や足裏、指の間などに細かい水疱がみられる皮膚病で、大抵は汗疹(あせも)と呼ばれており、足裏に出来ると足水虫と早とちりされることが結構あります。
明るくない所だと光量不足のためものが見えづらくなりますが、より瞳孔が開くので、目のピントを合わせるのに不必要なエネルギーが必要になってしまい、結果的に日の差す場所でモノを眺めるよりも疲労がおおきくなります。
消化器科の領域である急性腸炎は、ほとんどの場合腹痛・悪心・嘔吐・下痢に見舞われる位で済みますが、細菌感染から来ている場合は強い腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢とともに38度台の高い発熱が見分けるポイントだといえます。
杉花粉が飛散する3月前後に、幼いお子さんが発熱はみられないのにしょっちゅうくしゃみしたり水のような鼻みずが止む気配をみせない状況なら、もしかすると杉花粉症の恐れがあるでしょう。
近年患者数が増加している花粉症とは、森のスギや檜、ブタクサなどの決まった時期に飛散する花粉が元凶となって、クシャミ・目や皮膚の痒み・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を齎す病気として知られています。
下が90以上の高血圧が長い間続くと、身体中の血管に強い負担となり、頭の先から足の先まであちらこちらの血管に障害が起こって、合併症になるリスクが高まります。